FXでスワップポイントを間違えないために

FXでスワップポイントを間違えないために

FXでスワップポイントを間違えないために

当サイトでは、FXの取引を行ううえで重要になってくるいくつかのポイントの紹介をしています。

 

・スワップポイントとは

 

・スワップポイントの注意点

 

・ロールオーバーの仕組み

 

・ロスカットとは

 

・リスクコントロール

 

ここでは上記5項目の紹介ですが、FXの取引を行うために、これ以外にもしっかりと確認しておかなければいけないポイントはたくさんありますね。

 

正しい情報を持っていることは、しっかりとした資産運用の強い味方になってきます。

 

さぁみなさんも正しい知識を手に入れて、賢いお金の管理を始めましょう。

私は仮性包茎であり、それがコンプレックスとなっています。包茎治療してないため、女性に対して積極的になれない部分もあります。しかし、私は現在結婚をしているので、それほど包茎手術を深く悩んでいるわけではありませんが、妻に対してははっきりと言ったことがありません。皮をかぶっているところを見られるとはずかしいので、性行為をする前にはむいておきます。仮性包茎の人の割合は半数近くいると聞きますが、それでも恥ずかしいという気持ちがあります。男性同士であってもそのような悩みを打ち明けたこともなく、打ち明けられません。銭湯に行く時はとてもはずかしいので、必ずタオルで前を隠します。包茎でもきちんと清潔に洗うようにしておけば問題ないと思うのですが、気持ち的にはだいぶおちこんでしまいます。包茎治療で治れば、性行為にも自信が持てる気がします。包茎手術をするという選択がありますが、保険適用にならないので、高額な治療費がかかってしまうため断念しています。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/01/09 10:01:09

FXの会社によってはロスカットレベルに近づくと、事前にメールでお知らせするサービスも行っています。

 

資金に余裕があって、その後の経過をまだ見続けたい場合は資金を追加して取引を続けることが可能になっています。

 

ただ、損失が大きくなりすぎる前に素早い決済を行うリスクコントロールの重要性を忘れてはいけません。

 

FXを利用するなら、ロスカットに頼るだけでなく、自身でもロスカットラインを常に意識して投資することが大切です。

 

常に考えながら投資していくことが、着実に儲けを積み重ねていく秘訣になるでしょう。

 

ロスカットを恐れずにチャンスに備えるため、また値動きに過敏になりすぎないようにも、もとで資金に余裕を持つことが大切です。

続きを読む≫ 2014/01/07 19:02:07

為替の世界は株のように、それ以上上がったり下がったりできない値幅制限(ストップ幅)がありません。 ですから、放っておくと無限大に損失が膨らんでしまう可能性をもっているのです。

 

ロスカットはもっている資金以上に損失が膨らまないようにする仕組み、利用する方の大切な資金を守る安全装置の働きをもっているのです。

 

FXの会社によってはロスカットレベルに近づくと、事前にメールでお知らせするサービスも行っています。

 

資金に余裕があって、その後の経過をまだ見続けたい場合は資金を追加して取引を続けることが可能になっています。

 

ただ、損失が大きくなりすぎる前に素早い決済を行うリスクコントロールの重要性を忘れてはいけません。

 

FXを利用するなら、ロスカットに頼るだけでなく、自身でもロスカットラインを常に意識して投資することが大切です。

 

常に考えながら投資していくことが、着実に儲けを積み重ねていく秘訣になるでしょう。

 

ロスカットを恐れずにチャンスに備えるため、また値動きに過敏になりすぎないようにも、もとで資金に余裕を持つことが大切です。

続きを読む≫ 2014/01/07 19:01:07

銀行間で為替の取引を行う場合、基本として通常約定から2営業日後に金銭のやりとりを行うことになります。

 

このやりとりを行う日を「受渡日」と言いますが、このような慣習から、FXにおいても基本的に2営業日後(受渡日)に金銭のやりとりが発生します。

 

この時、差金決済を行わなければ取引に必要な資金を支払うことになる為、受渡日までに反対売買を行い差金決済を行うことになります。

 

しかし、FX利用者が受渡日までに反対売買をしたくない場合は、自動的にこの受渡日を先送りにすることが出来ます。

 

この受渡日を先送りにすることを「ロールオーバー」と言います。

 

ロールオーバーによって、受渡日が先送りになることで、投資家は実際に金銭の受け渡しをする必要がない為、書面上において、通貨を買った(または売った)状態を維持することが出来ます。

 

この反対売買を行わずに、買った(または売った)状態を維持することを「ポジションを持つ」と言います。

続きを読む≫ 2014/01/07 19:01:07

気をつけなくてはならないのがスワップ金利は受け取るばかりではないということです。

 

この場合は、たまたま金利の高い「ドル」を買っているので、投資家には利益が発生していますが、反対にドルを使って金利の低い「円」を買った場合(=「ドル」を売った場合)は差額の2万円を支払うことになります。

 

スワップ金利そのものも通貨の需給関係によって変動しますし、相場変動によって「預けた資金+受け取ったスワップ金利」異常の損失が発生する可能性もあるので、その点をしっかりと抑えておかなければなりません。

 

金利差の大きい通貨ペアほどスワップポイントが大きくなります。

 

値動きでの損益に比べると、確かに小さなものですが、通貨の金利差にも気を配りながら投資するのもトレーダーとして大切な心がけです。

 

FXの場合は、外貨預金などの金利と違って、1日毎に利息を受け取ることができるのも特徴といえます。

続きを読む≫ 2014/01/07 19:01:07

通貨の売買で利益を得るだけでなく、通貨の交換によってそのスワップポイントというものを受け取ることができるのも、FXの魅力のひとつです。

 

スワップポイントとは、金利の低い通貨を金利の高い通貨に交換し、保有することでその金利差を調整する『金利調整』のことをいいます。

 

ここで、例をあげてスワップポイントの説明をしましょう。

 

仮に、1ドル=100円のレートで「ドルの金利が3%」「円の金利が1%」だったとして、FXで1万ドルを購入したとします。

 

この時、100万円を借りて購入することになるので、100万円の借金に付く利息(1%の金利)が1万円、 買った1万ドルを預けた時に発生する利息(3%の金利)は300ドルで、金利はこれらの“円”と“ドル”両方にかっていることになります。

 

この時、100万円を借りて購入することになるので、100万円の借金に付く利息(1%の金利)が1万円、 買った1万ドルを預けた時に発生する利息(3%の金利)は300ドルで、金利はこれらの“円”と“ドル”両方にかかっていることになります。

 

この時、300ドル=3万円なので、受け取る金利3万円から支払う金利1万円を引いた2万円が利用者の手に入る利益になります。

続きを読む≫ 2014/01/07 19:00:07

最新ニュース

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報

  • ホーム RSS購読 サイトマップ