FXでスワップポイントを間違えないために

ロールオーバーの仕組み

ロールオーバーの仕組み

銀行間で為替の取引を行う場合、基本として通常約定から2営業日後に金銭のやりとりを行うことになります。

 

このやりとりを行う日を「受渡日」と言いますが、このような慣習から、FXにおいても基本的に2営業日後(受渡日)に金銭のやりとりが発生します。

 

この時、差金決済を行わなければ取引に必要な資金を支払うことになる為、受渡日までに反対売買を行い差金決済を行うことになります。

 

しかし、FX利用者が受渡日までに反対売買をしたくない場合は、自動的にこの受渡日を先送りにすることが出来ます。

 

この受渡日を先送りにすることを「ロールオーバー」と言います。

 

ロールオーバーによって、受渡日が先送りになることで、投資家は実際に金銭の受け渡しをする必要がない為、書面上において、通貨を買った(または売った)状態を維持することが出来ます。

 

この反対売買を行わずに、買った(または売った)状態を維持することを「ポジションを持つ」と言います。


ホーム RSS購読 サイトマップ